ふくい貿易促進プラザ
ふくい貿易促進プラザ

中国マーケットトレンド情報484 連続6ヶ月オンライン小売総額が30,229億元

中国マーケットトレンド情報484

 

                             福井県上海事務所

                             2017年7月3日

 

 【経済】

 

連続6ヶ月オンライン小売総額が30,229億元(「消費報」622日)

 上四半期に中国電子商務は引続き急増した。2016年12月-2017年5月のオンライン小売総額は30,229億元に達し、初めて連続6ヶ月内に3兆元を突破し、前年同期比35.3%の増となった。うち実物商品のオンライン小売額は23,272億元、サービス類オンライン小売額は6,957億元となった。社会商品小売額に占める割合は13.35%を占め、同期比3%の増となった。

 

快速新興市場は340億ドルの増(「消費報」627日)

 2016年の中国快速消費品市場は挑戦に面していた。2016年に中国新興市場快速消費品市場の総額は昨年同期比6%増の340億ドルとなったが、発達国の快速消費品市場総額増幅は前年比同じであるとのことである。

 

全国飲食消費力は上海一位(「新民晩報」628日)

 「2017中国飲食消費報告」は発表された。当該報告により、2016年に中国飲食市場規模は3.5兆元を突破したが、全国飲食消費力ランキングにおいて上海は一位となった。飲食消費力のベスト15の都市はそれぞれ上海、北京、蘇州、深セン、廈門、広州、杭州、南京、天津、長沙、青島、成都、武漢、鄭州、重慶である。また、「90後」は「80後」を越えて飲食業の消費主体となったとのことである。

 

軌道交通17号線はテスト段階に(「消費報」630日)

 6月30日に軌道交通17号線の新車が東方緑舟駅から発車し、高速動車と荷重試験を行った。

 当該新車輌には高照度センサ、客室温湿度センサ、振動センサなどの大量なセンサは設置されており、また、列車移動際、列車各項状態の自動点検システムが導入されている。

 

中国消費市場年当りの増幅は世界一(上海金融報」74日)

 「中国消費新趨勢」によれば、中国GDP増幅は緩めていると言っても、消費市場規模は年当り10%の増幅で成長しており、世界一となった。2021年の中国消費成長量は1.8兆元に達し、それは現在のドイツの消費市場規模に相当し、主な経済態消費成長量の4分の1を超える見込みである。

 また、当該報告によれば、他の国に比べ、中国消費者はオンライン消費の割合が最も高いが、2021年になると、中国消費者の90%はオンラインで商品を調べ消費する予測だ。

 

【繊維】

 

5月の衣類価格は同期比1.3%の増(「中国紡績報」614日)

 国家統計局の統計数字によると、2017年5月に全国住民消費価格は同期比1.5%値上がりした。うち都市は1.7%、農村は1.1%値上がりした。衣類価格は同期比1.3%値上がりし、うち服装価格は同期比1.3%、衣類加工サービス料は同期比4.1%値上がりした。

 1-5月に全国住民消費価格は昨年同期比1.4%値上がりした。うち衣類価格は同期比1.2%値上がりし、服装価格は同期比1.2%、衣類加工サービス料は同期比4.4%値上がりした。

 

【眼鏡】

 

中国眼鏡産業の電子商務ホームページは開通(「中国眼鏡」2017年第6期)

 伝統眼鏡業界のレベル上昇を促進するため、中国眼鏡産業の電子商務ホームページ開通式典が丹陽開発区で行われた。当該電子商務ホームページの開通により、消費者は本当の丹陽眼鏡を使うことができるようになる。また、当該ホームページの開通により、丹陽は中国特色眼鏡産業の本部基地として建設され、3年内に3,000社以上の眼鏡企業は当該基地に進出するようになるが、眼鏡業界と他の業界の提携が促進される。