ふくい貿易促進プラザ
ふくい貿易促進プラザ

中国マーケットトレンド情報479 春季、上海鉄道は5,000万人の旅客を送客する見込みほか

中国マーケットトレンド情報479

 

                             福井県上海事務所

                             2017年3月29日

 

 

【経済】

 

春季、上海鉄道は5,000万人の旅客を送客する見込み

 上海鉄道の発表によると、今年春季運行期間は3月18日から4月16日まで、上海鉄道は5,000万人の旅客を送客する見込みだ。

 当該期間の客流は合肥、南京、上海、杭州あたりに集中するが、旅客に便宜を与えるため、上海鉄道は管轄内の14列往復列車を増発する。

 

将来的に上海から湖州へ高速鉄道で移動すれば約1時間(「新聞報」317日)

 上海鉄道の情報によると、今年、上海から蘇州、湖州への高速鉄道が建設されるが、建設後、上海から湖州へ高速鉄道で移動すれば、現在の2時間から1時間に短縮されることになる。

 当該鉄道は全線164キロ、上海虹橋駅から始発し、蘇州呉江を経由し、湖州に到着するが、投資総額は約418億元となる。建設後、上海市民の旅行や通勤に便宜を与えるだろう。

 

上海ディズニーが春季入場パスポートを発売(「新民晩報」317日)

 上海ディズニーが春季入場パスポートを発売することになった。

 当該入場券は3月18日から発売され、使用期間は3月18日から7月16日までである。入場券は3種類あり、平日券、2017年4月30日を除くすべての曜日に可使用の無制限券と2017年4月30日を除くすべての日曜日の日曜日券がある。

 

昨年、約3割の輸入商品が不合格(「消費報」3月20日)

 国家質量検査総局の発表によると、ここ数年、「海淘」が普及されたが、2016年に国家質量検査総局は空気清浄機、電子便座、家電、服装と食品などの輸入商品を5,306回に分けて品質検査を行ったが、その結果により、不合格は1,539回、不合格率は29%に達した。また、電子商務を通して輸入された玩具、オムツ、服装などの消費品を1,013回に分けて品質調査を行ったが、不合格は415回、不合格率は40.9%となり、品質安全問題は厳重である。

 

2020年に中国ソフト産業の収入は8兆元を突破する見込み(「新聞報」322日)

 2017中国国際ソフト博覧会の情報によると、2020年に中国ソフト産業の収入は8兆元を突破する見込みだ。

 現在、中国ソフト産業の規模は急増し、結構は益々改善され、創新力は増強し、部分分野は突破的な業績を収穫したが、基礎分野の創新力不足などの問題が存在されている。

 

【繊維】

 

2月の中国衣類消費価格は同期比1.2%の増(「中国紡績報」313日)

 国家統計局の発表によると、2月に全国住民消費価格は同期比0.8%値上がりした。うち都会は同期比0.9%、農村は同期比0.6%値上がりした。消費品価格は同期比0.1%の減、衣類価格は同期比1.2%値上がりした。2月に衣類価格は前月比0.3%の減となった。1-2月に全国住民消費価格は昨年同期比1.7%値上がりした。

 

【眼鏡】

 

201612月に温州眼鏡輸出は13.08%の増(「中国眼鏡」2017年第3期)

 温州税関の統計によると、2016年12月に温州における眼鏡の輸出額は同期比13.08%増の689,829,941元となった。1-12月に温州における眼鏡輸出額は累計5,645,560,014元に達して、同期比3.7%の増となった。