ふくい貿易促進プラザ
ふくい貿易促進プラザ

中国マーケットトレンド情報472 中国は世界最大の缶詰製造国と輸出国にほか

中国マーケットトレンド情報472

 

 

                             福井県上海事務所

                             2016年12月12日

 

【経済】

 

中国は世界最大の缶詰製造国と輸出国に(「消費報」121日)

 中国缶詰工業協会第五回大会の情報によると、海外市場は中国の缶詰の主な市場である。中国は世界における最大の缶詰の製造国と輸出国となったが、毎年、缶詰の輸出量は約300万トン、輸出先はアメリカ、日本、ヨーロッパなど150以上の国と地区に及ぶ。ミカンなど伝統商品は引き続き世界一の地位を保持し、桃、鯖などの商品は毎年成長し、急増している。

 

春節運行期間のバスチケットが発売(「新聞報」126日)

 上海長距離バス総駅の情報によると、2016年12月29日から春節運行期間のバス前売チケットが発売され、当該機関の前売期間は30日間となる。

 2017年春節運行期間に上海長距離バス総駅は41,000台のバスを発送するが、2016年春節期間とほぼ同じであり、最高の日には一日5.5万人を発送する見込みだ。

 

国民の観光消費需要は上昇(「消費報」126日)

 途牛観光網の統計数字によると、2016年第三四半期に途牛観光製品の総額は同期比56%増の71億元となった。

 また、当該統計によると、第三四半期に途牛による観光人数は244万人を超えた。旅行者の内、二、三大都市における消費者の観光消費需要は益々強くなる。

 

上海における多国籍会社地区本部は573社(「新民晩報」127日)

 上海の国際影響力の上昇に連れ、益々多くの多国籍会社が上海で地区本部を設立している。現時点で上海における多国籍会社地区本部は累計573社、うちアジア太平洋本部は54社である。

 商務委員会の紹介によれば、今年の1-10月に全市における新設多国籍会社地区本部及び本部型機構は38社、新設投資型会社は13社、研究開発センターは12社である。2016年10月末時点で上海における多国籍会社本部は累計573社、うちアジア太平洋地区本部は54社である。

 

11CPI同期比2.3%の増(「消費報」129日)

 国家統計局によると、今年の11月に住民消費価格指数(CPI)は同期比2.3%の増加となった。1-11月の全国住民消費価格総レベルは昨年同期比2%の増加となった。

 11月の野菜価格は同期比15.8%値上がりし、増幅は前月比2.8%となった。ガソリン、重油価格は同期比4.6%と6%値上がりし、値上がり幅はそれぞれ前月比2.3%と3.4%となった。電気、水道、ガス料金は前月比0.6%値上がりした。

 

【繊維】

 

110月に中国規模以上紡績業の利潤総額は同期比4.3%の増(「中国紡績報」1130日)

 国家統計局の情報によると、1-10月の全国規模以上工業企業の利潤総額は同期比8.6%増の52,567.7億元、増幅は1-9月比0.2%の増となった。

 1-10月の41工業大類業界の内29業界の利潤総額は増長し、12の業界は減少した。うち1-10月の紡績業主営業務収入は同期比4%増の32,966.8億元、紡績業利潤総額は同期比4.3%増の1,667.1億元となった。紡績服装、服飾業主営業務収入は同期比5.3%増の18,911.4億元、紡績服装、服飾業利潤総額は同期比3.8%増の1,033.4億元となった。皮製品主営業務収入は同期比3.2%増の12,240.7億元、利潤総額は同期比2.22%減708.7億元となった。化繊製造業主営業務収入は同期比2.6%増の6,148.4億元、利潤総額は同期比7.8%増の247億元となった。

 

【眼鏡】

 

丹陽眼鏡輸出入総額は18.88億ドル(「中国眼鏡」2016年第12期)

 2016年1-9月に丹陽眼鏡輸出入総額は18.88億ドルで、昨年同期比5%の減となった。うち輸出は3%減の15.97億ドル、輸入は14.8%減の2.91億ドルとなった。180社眼鏡企業が輸出した16類視光学製品の中、普通眼鏡、サングラス、変色眼鏡、樹脂変色レンズ、樹脂サングラスレンズ、プラスチックフレームは伸びた。

 また、1-9月に樹脂レンズの輸入は同期比5.26%減の72万ドル、コンタクトレンズの輸入は同期比46.16%増の1,485万ドル、非ガラス材質のサングラスレンズの輸入は16倍増の68万ドルとなった。