ふくい貿易促進プラザ
ふくい貿易促進プラザ

中国マーケットトレンド情報471 上海から昆明まで高速鉄道で移動すれば10時間に短縮ほか

 

 

中国マーケットトレンド情報471

 

                             福井県上海事務所

                             2016年12月2日

  

【経済】

 

上海から昆明まで高速鉄道で移動すれば10時間に短縮(「新聞報」1123日)

 上海鉄道局の情報によると、2017年1月5日零時から全国鉄道は新列車運行図を実施することになった、うち最も注目されたのは滬昆鉄道の開通だが、長江デルター昆明には7列の往復高速鉄道列車が運行され、上海から昆明まで高速鉄道で移動すれば、僅か10時間しかかからない。

 

2018年に10号線二期が開通(「新聞報」1123日)

 軌道交通10号線の2期が着工され、2018年に開通される見込みだ。

 現在、軌道交通10号線1期の終点駅は新江湾駅である。2期は終点駅から浦東へ

10キロ延長し、国帆路駅、双江路駅、高橋西駅、高橋駅、港城路駅と基隆路駅6の駅を設ける。

 

上海虹橋空港に2軒のディズニー店舗がオープン(「新聞報」1125日)

 上海ディズニーの発表によると、来年春季に上海虹橋空港に2軒のディズニー店舗が開業され、上海ディズニーは園外に小売店舗を開店し、旅客が空港でディズニー商品を買うことができる。

 当該2軒店舗は虹橋空港第2ターミナルの国内出発ロビーにあり、商品は7,000種類に達し、ディズニー系列の服、玩具、文具、インテリア用品などに及ぶ。

 

不動産物件は単身女性に安心感をもたらす(「上海金融報」1129日)

 「2016単身青年報告」によれば、27歳以上の単身女性の内、不動産物件を持つ年数が3年以上の女性は4割である。物件を持つ単身女性には「無理に結婚したくない」という意識が強いとのことである。

 単身女性は一生懸命に仕事をするが、実際には住宅コストが非常に高く、結婚しなくても物件を持ちたいと考える人が多く、物件への需要が非常に高い。

 

中国幸福度最高の10都市(「新聞報」122

 「中国幸福度最高の都市」は10年連続行われ、累計参加者は9億人以上となった。

 当該活動の当選標準は住民収入、生活品質、就業状況、生態環境、治安と教育など50の指標に及び、12月1日に「2016中国幸福度最高の10都市」が発表され、成都、杭州、南京、西安、長春、長沙、蘇州、珠海、北京と上海が中国幸福度最高の都市に選ばれた。

 

【繊維】

 

110月の中国綿花輸入量は同期比42.1%の減少(「中国紡績報」1128日)

 税関の統計にとると、2016年10月の中国の綿花輸入量は4.13万トンで、先月比31.6%の減少、昨年同期比1.9%の減少となった。2016年1-10月の中国綿花輸入量は69.6万トンで、同期比42.1%の減少となった。

 また、10月の糸輸入量は14.07万トンで、先月比8.59%の減少、同期比19.24%の減少となった。2016年1-10月に糸の輸入量は159.17万トンで1同期比20.39%の減少となった。

 

【眼鏡】

 

中南国際眼鏡城は中南五省専門眼鏡産業集群(「中国眼鏡」2016年)

 9月20日に中南国際眼鏡城の世界的な招商活動が長沙中南国際眼鏡城で行われた。

 今回の活動の目的は国内外の大手眼鏡企業を当該眼鏡城に誘致することにある。共同努力を経て、中南国際眼鏡城を中南五省最大規模の施設完備専門眼鏡産業集群にさせる。また、当該活動は中南五省眼鏡産業の急増に重要な役割を果たすだろう。