ふくい貿易促進プラザ
ふくい貿易促進プラザ

中国マーケットトレンド情報468 第120回広州交易会の第一期が閉幕ほか

中国マーケットトレンド情報468

 

                             福井県上海事務所

                             2016年11月7日

 

 【経済】

 

120回広州交易会の第一期が閉幕(「消費報」1027日)

 第120回広州交易会第一期が閉幕された。ブランドブースの成約額は1億元を突破し、電機ブースの成約額は32.3億ドルに達し、来場者数と成約額がそれぞれ増加した。

 10月18日時点で来場者数は93,234人で、2015年(秋)交易会に比べ4,236人が増加、ヨーロッパからの来場者数は14,374人、アメリカからは12,241人、アジアからは55,191人であり、今年の春季交易会に引き続き、好評を得た。

 

80後」消費者は輸入食品を好む(「消費報」1031日)

 光明食品(集団)とオランダ合作銀行が共同で「2017中国食品産業発展勢」を発表した。

 それによれば10年後、中国の食品消費は60%増加し、消費額は1兆ドルに達する見込みだ。うち「80後」消費層は食品業界に最も注目されている。また、アンケート調査によれば、26%の消費者が月2回以上輸入食品を買う。

 

上海虹橋空港第1ターミナル前の高架道路が開通(「新聞報」1031日)

 2ヶ月を経て上海虹橋空港第1ターミナル前の高架道路が完成された。

 完成後、虹橋空港第1ターミナルに行く旅客は延安路高架を経由し、直接出発ロビーに入れる為、大いに便利になった。

 

中国のネットワーク産業の規模が7500億元に(「新聞報」112日)

 2016世界ネットワーク博覧会の情報によると、2015年の中国ネットワーク産業の規模が7,500億元に達し、中国ネットワーク産業の急増時期となっている。

 中国ネットワークの発展は世界の先端にある。ネットワーク業界の対応は急速に発展しており、交通、物流、環境保護、医療保健、電力など様々な分野において応用される。

 

ジェット航空機が初の就航(「上海金融報」114日)

 2017年1月23日からジェット航空機が東京-上海の航路を就航する。当該航路は週4便となり、チケットは2016年11月2日から発売された。

 当該航路はジェット機の初の航路であり、これまでは香港航路に就航したが、東京成田空港第3ターミナルを離陸、着陸する。

 

【繊維】

 

19月の中国紡績業の利益総額は前年同期比4.2%の増加(「中国紡績報」112日)

 1-9月の中国規模以上工業企業の利益総額は前年同期比8.4%増加の46,380.6億元となった。うち紡績業は前年同期比4.2%の増加となった。

 1-9月の規模以上工業企業において国有企業の利益総額は前年同期比2.6%増加の8,616.4億元、集団企業の利益総額は前年同期比2.6%減少の327.4億元、株式企業の利益総額は8.6%増加の31655.5億元、外商投資企業の利益総額は10.2%増加の11,594.9億元、私営企業の利益総額は7%増加の16,232億元となった。

 

【眼鏡】

 

2016年1-6月の中国の眼鏡輸出状況(「中国眼鏡」2016年第11期)

 2016年1-6月の中国眼鏡製品の輸出は同期比3.9%増加の24.54億ドルに達した。眼鏡製品の類別から見れば、サングラス、老眼鏡など眼鏡の輸出は前年同期比6.13%増加の14.36億ドル、総額の58.49%を占めた。フレームの輸出は前年同期比4.94%増加の5.35億ドル、総額の21.79%を占めた。レンズの輸出は前年同期比3.95%減少の4.10億ドル、総額の16.69%を占めた。

 2016年1-6月の中国眼鏡製品の輸入は前年同期比2.1%増加の4.83億ドルとなった。眼鏡製品の類別から見れば、サングラス、老眼鏡など眼鏡の輸入は前年同期比18.48%減少の1.55億ドル、レンズの輸入は前年同期比16.59%増加の1.41億ドル、フレームの輸入は0.28%増加の0.63億ドルとなった。